■卒業25周年記念事業 募金趣意書

 慶應義塾には、卒業25年目の塾員を卒業式に招待する伝統行事があります。1996年に卒業した私たちは、2021年に卒業25周年を迎えます。この行事には、門出の日を迎える後輩たちを祝福するとともに、同期との絆を深めて慶應社中の輪を広げるという目的があり、その伝統は1953年から脈々と受け継がれています。

他方、我々はいま新型コロナウィルスという難敵に向き合っており2021年3月に卒業式が通常通りの形で開催されるかどうかの見通しも立ちません。実体経済が大きな影響を受けるなか、現役学生においては経済的に困窮し不本意ながら学業が継続できない者が例年以上に増えることも想定されます。また 、財政的な理由 から学術 活動が思う よう に進 めら れない研究者も出 てく るで しょう。しかし、私たちが慶應義塾の伝統である社中協力の精神のもと、お互いを支え合うことができれば、この難局を共に乗り越え新たな時代を切り拓けるはずです。

慶應義塾には「自我作古」という言葉があります。「これから自分が為さんとする事は前人未到の新しい分野であるけれども、予想される困難や試練に耐えて開拓に当たる」という意味です。このような難局に直面する時代だからこそ、主体的に世の中を導いていくリーダーシップを持った人材を育てることが慶應義塾には求められています。1996年三田会としては、これからの時代を「自我作古」の精神を以って切り拓いていく学業(業績)・人物ともに優れた塾生および研究者を経済面から支える目的で、①奨学制度、②研究支援のための寄付を行いたいと考えています。このための募金活動の趣意にご理解とご賛同をいただき、可能な範囲でのご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

1996年三田会卒業25周年記念事業実行委員会

実行委員長 湧永寛仁

寄付事業委員長 余語徹郎


■募金要項

【募金名称】

1996年三田会記念大学奨学金および福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金

【使途目的】

1996年三田会記念大学奨学金は、慶應義塾大学学部生(私費外国人留学生を含む)のうち、慶應義塾の学生として ふさわしい優秀な人物・学業・成績で、かつ経済的に修学が困難であると認められたものに 対して、授業料への充当を使途とする奨学金を給付し、援助することを目的とします。
また、福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金は慶應義塾に所属する教職員・研究者の国外留学、研究活動、講演・学会・論文掲載、外国語による出版に掛かる費用などの補助を使途として、学術研究の振興、国際化の推進を目的とします。

【募金期間】

2020年9月15日~2022年3月31日

【募金目標額】

3,500万円

【募金対象】

1996年三田会会員およびアイデンティティ会員
ただし、公職選挙法等の法令により寄付が禁止されている方は、寄付募集の対象外とさせていただきます。

【募金種類】

①1996年三田会記念大学奨学金(記念奨学金)

②福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金(福澤基金)

③おまかせ(寄付事業委員会が記念奨学金または福澤基金のいずれかに振り分けます)

【募金金額】
 
個人名義 1口10,000円
(できましたら3口以上のご協力をお願いいたします)
法人名義 1口50,000円
(できましたら2口以上のご協力をお願いいたします)

【払込方法】
 
①クレジットカード決済での払込み
募金種類に応じて、以下リンクURLから寄付等申込システムにアクセスし、決済情報入力欄で「クレジットカード決済」を選択してください。

記念奨学金への寄付はこちら(クレジットカード)
福澤基金への寄付はこちら(クレジットカード)
おまかせ寄付はこちら(クレジットカード)

決済が終わりますと、決済完了メールがご登録いただいたメールアドレス宛に送信されます。
ご利用いただけるクレジットカードは以下の通りです。

クレジットカードは、ご本人名義以外はご利用できません。お支払い回数は、一回払いのみとなります。決済後のご変更・ご返金等は原則としてできません。寄付金は、通常のカード利用と同様にご指定の口座より振り替えさせていただきます。 振替日は各カード会社より送付されるご利用明細でご確認ください。ご利用明細には「1996年三田会事務局」と表示されます。振替不能の場合、カード会社等よりご連絡させていただくことがございます。

②インターネットバンキング決済(ペイジー)での振込み
募金種類に応じて、下記URLから寄付等申込システムにアクセスし、決済情報入力欄で「インターネットバンキング決済(ペイジー)」を選択してください。

記念奨学金への寄付はこちら(ペイジー)
福澤基金への寄付はこちら(ペイジー)
おまかせ寄付はこちら(ペイジー)

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、または「金融機関検索」からご利用になりたい金融機関を選択し、「入力内容確認へ」ボタンを押して次に進みます。
入力内容をご確認いただき、「お申込み」ボタンを押してください。完了画面が表示されますので、「金融機関サイトへ」ボタンを押してください。
続けて金融機関のインターネットバンキングサイトが表示されますので、ログインしていただき、お振込みの手続きをしてください。決済が終わりますと、振込完了メールがご登録いただいたメールアドレス宛に送信されます。
直ぐに金融機関のインターネットバンキングサイトでログインされない場合は、寄付申込完了から14日以内に振込手続をお願いいたします。それ以降は、各金融機関に送付した情報が無効になります。
後日、金融機関のインターネットバンキングサイトにログインする際には、寄付情報確認画面で「お申込み」ボタン押していただいた時点で送信される、申込完了メールにあるURLにアクセスいただき、必要な決済情報を入手した後、金融機関のインターネットバンキングサイトにて、振込手続きをお進めいただくことになります。
お振込み後のご変更・ご返金等は、原則としてできません。

③銀行振込 (ペイジー以外での銀行振込(窓口やATMなど))
事前に、1996年三田会事務局(info@1996mitakai.jp)宛に、銀行振込を行う旨のメールを送信し、確認番号を取得してください。払込人氏名欄で、氏名もしくは法人名の前に確認番号を記入した上で、下記指定口座にお振込みください。

(同姓同名の方や同名義の法人がいらっしゃったり、名簿と口座名が異なっている場合などの照合用です)

みずほ銀行 銀座支店(店番035) 普通預金 4187973
  口座名:1996年三田会25周年寄付金口座
  (カナ:1996ネンミタカイ25シュウネンキフキンコウザ)

 
【ご芳名掲載】
 
『三田評論』誌上に後日ご寄付いただいた皆様のご芳名が掲載されます。掲載を希望されない方は、クレジットカードまたはインターネットバンキング決済をご利用の場合は寄付等申込みシステム上で「掲載不可」をご選択ください。銀行振込をご利用の場合は振込用紙通信欄にその旨ご記入ください。
 

【領収証の発行と寄付金控除】

(1)1996年三田会で取りまとめた寄付金は、1996年三田会から学校法人慶應義塾に全額を送金し、学校法人慶應義塾の管理の下で使用されます。

(2)慶應義塾に対するご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付金として、確定申告をすることにより税法上の優遇措置(寄付金控除)を受けることができます。確定申告をする際に必要な領収証と証明書(写)は、後日に慶應義塾から郵送されますので、2020年分の確定申告の際にご利用ください。2020年11月末日までにお振込いただいたものは、2020年分の寄付金控除(2021年3月の確定申告)にご利用になれます。2020年12月1日~2021年11月末日にお振込みいただいたものは、2021年分の寄付金控除(2022年3月の確定申告)に、2021年12月1日以降にお振り込みいただいたものは、2022年分の寄付金控除(2023年3月の確定申告)にご利用になれます。なお、銀行窓口での振込依頼書の控え、ATM等の振込票等を大切に保管しておいてください。

【参考】寄付金控除の詳細については、慶應義塾基金室のホームページをご覧ください。

(3)領収証は、1996年三田会から慶應義塾へ入金された後、ご送付となります。
いただいた寄付金は、まず各金融機関から収納代行業者に送金され、その後、1996年三田会に入金されます。領収証発行日付は、振込完了日ではなく、1996年三田会から慶應義塾への着金日となります。

【参考】領収証発行の詳細については、こちら(FAQのQ19)をご覧ください。

【会計報告等】

募金期間終了後に1996年三田会ウェブサイトでご報告いたします。
 
 

1996年三田会卒業25年記念事業実行委員会事務局
〒160-0007 東京都新宿区荒木町13-4 住友不動産四谷ビル7階

株式会社ワクナガホールディングス内

TEL:090-9003-7223 E-mail: info@1996mitakai.jp